top›自動車産業の歴史

自動車産業の歴史

<広告>

<広告>

日本の自動車産業の原点は大正時代だと言われています。 日本の交通機関は1923年に起きた関東大震災により大きな打撃を受けました。

その危機を日本は、アメリカ車を大量輸入することにより乗り越えました。 この出来事がきっかけで車に対する国民の見方がかわったと言われています。

その後の日中戦争や太平洋戦争では軍用車を作ったとされています。 昭和の初めには、現在にも名が残る企業が創られました。

第二次世界大戦の頃はまだまだ自動車産業が未発達で、一般家庭には車は復及していませんでした。 終戦してからも軍の禁止令により車の生産ができませんでした。

その後再び生産が始まり、それぞれの企業で車の生産台数を増やしていきました。 1953年の自動車生産数は10000台にも満たないほどでしたが、2年後には20000台以上生産され、瞬く間に人々の生活に浸透していきました。

海外への輸出も始め、当初は不評だった日本車も、円安ドル高の影響で人気となりました。 1973年には世界が石油危機に陥り、日本車は燃費が良いことからさらに海外での売り上げ実績を伸ばしました。

そして1980年日本は自動車の生産台数で世界トップの成績を残しました。 日本車が海外で人気の理由として、先ほど挙げた燃費の良さに加え、壊れにくく安全なことが大きな要因となっています。

現在では日本は世界トップクラスの自動車生産国といわれ、アメリカと首位を争うほどの実績です。 進化を続ける日本の自動車産業に世界中から期待が高まっています。

<広告>

自動車就職コラム
自動車業界への就職は有望か? 自動車業界の動向と特徴 自動車業界の今後の展望 自動車業界の年収
研究開発 自動車業界の仕事 販促 自動車業界の仕事 生産 自動車業界の仕事 営業 自動車業界の仕事
経営企画 自動車業界の仕事 整備士 自動車業界の仕事 人事 自動車業界の仕事 総務 自動車業界の仕事
財務・経理 自動車業界の仕事 自動車の開発業務に求められる人材 自動車の販売業務に求められる人材 自動車の生産ラインに求められる人材
自動車産業の経営者に求められる資質 メーカーなどの車を作る仕事について ディーラーや中古車屋などの車を売る仕事について タクシーや運送業などの車を使う仕事について
修理屋やカー用品店などの車のアフターサービスをする仕事について 自動車業界は世界に誇れる産業 自動車産業の歴史 自動車メーカーの仕組み
部品メーカーの仕組み 販売会社の仕組み 中古車市場の仕組み トヨタ 自動車メーカーの特性
ホンダ 自動車メーカーの特性 日産 自動車メーカーの特性 マツダ 自動車メーカーの特性 三菱自動車 自動車メーカーの特性
スズキ 自動車メーカーの特性 スバル 自動車メーカーの特性 ダイハツ 自動車メーカーの特性 いすゞ 自動車メーカーの特性
日野自動車 自動車メーカーの特性 三菱ふそう 自動車メーカーの特性 自動車の基礎知識 ガソリンに代わる動力
自動車の開発工程 自動車の製造工程 エンジンの製造工程 タイヤの製造工程
好調の軽自動車 高級車の競争が激化 自動車と損害保険の密接な関係 若者の車離れ
カーシェアリングがメーカーを脅かす 神経を擦り減らすリコール防止 世界中で進む提携と業界再編 カーナビの急速な普及
エコカーの未来      

<広告>

<広告>